2018年09月06日

KYTNewベーシック& Newアドバンスセミナーと強化合宿 On Gold Coast 2018

KYT Newベーシック& Newアドバンスセミナーと強化合宿 On Gold Coast 2018の募集開始のお知らせです。今回で5年目を迎えます。募集開始9月6日締め切りは10月28日。






患部に触れずして’’痛みを取る!’’
教科書ではなく本物の生献体を解剖し、さらに進化した究極の新型ベーシックとアドバンステクニック!




人の体に携わるからこそ悩みがあると思います。
アメリカ・スペイン・イタリア・オランダ・オーストラリアなど世界各地で活躍する世界の治療家 Ken Yamamoto 先生のKYT新型ベーシック、アドバンスセミナーをゴールドコーストで開催します。


日にち:9−17pmまで
2018年新型ベーシックが11月3日(土)ベーシック$1000
2018年新型アドバンスが4日(日)11月4日(日)アドバンス$2000です。


強化合宿:
2018年11月5日(月)、6日(火)


概要:
KYT新型ベーシック
1-12の手技を用いて、「1つのテクニック」です。年々進化を遂げ、今回のKYT新型ベーシックはアドバンステクニックに属していテクニックもベーシックの中に入ってます。骨盤や肩の位置、頭の位置を戻すことによって、腰痛はもちろん、腱鞘炎、虫打ち症候群などほとんどの体の痛みを取るテクニックです。体の解剖学的肢体に戻せば硬い筋肉も緩むので、セラピストが体重をかけて硬い筋肉をごり押しする必要もなくなります。例えば俗に言うトリガーポイント(コリ)も触れずしてなくなります。「触れないで痛みを取る」テクニックが自分のものとなります。


KYT新型アドバンス
体の骨格を元の位置に戻してもなお強烈に残る頑固な痛みや可動域を改善するためのテクニックです。生まれながらの側弯だったり、手術の選択を迫られるほど頑固な痛み、手術をしたけれども痛みが改善しないなど、持続的な痛みに対して対抗するテクニック群です。このテクニックの利点はセラピストが使い続けると、痛みを追いかける「勘」も養われることです。1-12の手技を1テクニックとするベーシックに対してアドバンステクニックは、一つ一つが単体の必殺テクニック群です。


こんな方にオススメ。


*痛い部分をマッサージしても何時間触っても、何回触っても痛みが取れない。
*自分に自信がない
*無くならない痛みをなんとかしてあげたい。
*自分を頼ってくれているクライアントに報いたい
*痛みの本当の原因を知りたい
*ショッピングセンターなどもお店を辞めたら何も残っていないと思っている
*セラピストの限界を超えたい
*痛みが無くなるのか疑心暗鬼


今までオーストラリアのセミナーもオーストラリア国内はもちろん日本や海外のセラピストが参戦して来ました。毎回、涙、葛藤、驚き、奇跡、喜びが絶えない素晴らしい日々となることをお約束します。




これができるようになる

@人を助けられるようになる
@人を身体を診れるようになる
@身体を診てその人の過去に何があったか推測できるようになる
@痛みに対して自信を持ってアプローチ可能になる
@身体の機能がわかり始める
@短下肢と長下肢の違いと特色がわかる
@クライアントに対して自信が持てるようになる
@独立をしてショップで働くより巣内労働で何倍もの収入を得られる可能性が出てくる


@独立をしている上で他のショップとの差ができる
@触っても取れない・変わらない痛みに対して焦らずに対処可能になる


さらにKYTの仲間のネットワークが広がります。リメディアルセラピスト及び、Dr の ChiropractorやPhysiotherapist、日本の鍼灸師や柔道整復師の先生方も参加することがあります。資格関係なく一緒に学び、悩み、活路を見出し、過ごした経験は一生の絆になります。今年はどのような出会いとドラマがあるか楽しみです。


強化合宿:
2018年11月 5日(月)、6日(火)
あくまでも、強制ではなく自由参加です。


【セミナー後、練習しましょう】
KYTは今やテクニックだけでなく痛みに対する徒手的治療の方向性を提示する学問です。リピーターも多い。
セミナーで聞き逃しこと。できないテクニックなども含めて習得した技術・知識を参加者みんなで掘り上げましょう。



練習風景・セラピストの努力は嘘をつかない



グループ申請お願いします。もしくは僕にメッセンジャー及び info@chooselohasaustralia.com までご連絡ください。


https://www.facebook.com/groups/394194481110014/
  


2018年08月22日

起き始めた化学反応と相乗効果!!!!2017下期−2018上記

セラピスト留学専門エージェントChoose LOHAS Australiaが狙う「セラピストのための」化学反応と相乗効果が楽しすぎる!


オーストラリアの専門学校を卒業し国家資格を取得したら立派なリメディアルセラピスト(検査ができて症状を理解してトリートメントができ、さらにフォローができる)になれてるかとうと疑問。卒業は始まりでしか無いからだ。また、日本ではリメディアルセラピーの情報が氾濫し始めている。どれを信じていいかわからなくなる日も近い。

常に成長を実感して毎日を煌めきと閃きで過ごすためにも、給料が少ないだの、集客ができないだの、症状を聞くのが怖いだの、マッサージのやり方がわからないだの、不安を抱えないためにも学生時代、どのような学校へ行き、誰に教えてもらい、誰と勉強し、誰が先輩後輩になり、誰を師匠とするかは一番大事な要素だ。そしてリメディアルセラピーの国家資格取得や卒業がゴールではない・・という指標は持っておいたほうがいい

さて、今の Choose LOHAS Australiaから学校に通う学生の構成は面白い。。。

初心者が4人(うち二人は40代)

整体セラピスト経験者が一人

日本の理学療法士が一人(オーストラリアではドクターの部類、リメよりも4段階上の資格)

柔道整復師が一人(オーストラリアではドクターの部類、リメよりも3段階上の資格)

Choose LOHAS Australiaの特典の2週間に1度のセラピスト勉強会にほとんど無欠席でみんなきている。中には片道1時間半かけてくる子もいる。

理学療法士や柔道整復師だった学生が整体セラピスト経験者や初心者組に教えたりアドバイスする。傲慢な教え方しない。彼らには成長の仕方を教えているからだ。また、逆に初心者の学生達が理学療法士や柔道整復師だった学生たちに僕に習ったことを教えたりしている。年齢や肩書きのプライドを捨てお互いが慢心なく純粋に接しないと見ない光景だ。もし初心者の学生が教えている途中で「おや?」と思うことがあれば高学歴な学生が原因を解明してお互い理解できるようになっている。


Choose LOHAS Australiaのセラピスト学生勉強会は卒業してから悩むことなど学生のうちに壁を越えようと作ったもの。そればかりではなく、Choose LOHAS Australia主催で力や才能のある学生はもっと力をつけるべきだと思うから世界的著名な治療家のセミナーにもふれ合えるように運営をしている。そして高額にかかわらずそれらのセミナーに参加して素晴らしい成長を見せている姿に感無量の思いだ。


体の痛みを追求する世界を股にかける腰痛研究治療家のKen Yamamoto先生のKYTセミナー https://www.ken-yamamoto.com/?lang=de
帝京平成大学大学院健康科学研究科・ヒューマンケア学部柔道整復学科准教授の原口テクニックセミナー http://www.och.bz/about.html
癒しと治療を同時に行う深化リメディアルセラピー https://www.chooselohasaustralia.com/fujiiメソッド深化リメディアルセラピー-1/

 Ken Yamamotoテクニックセミナー2017年


Ken Yamamotoテクニックセミナー2017年11月。日本から柔道整復師・整体師・オーストラリアから学生・リメディアルセラピスト・理学療法士・カナダやタイからもこの一日だけのために集った




Ken Yamamotoテクニックセミナー2017年理学療法士の Mと初心者だったSが参加。今この二人は切磋琢磨しあう仲だ


深化リメディアルセラピー2018年1月バージョン


深化リメディアルセラピー2018年1月バージョン。学生全員がセミナーアシスタントとして参加





学生はMassage School of Queenslandチームの一員として6000人以上のアスリートが集う英国圏版のオリンピックCommonwealth Game 2018にセラピストとして参加.




シドニーで行われた原口准教授のテクニクを学ぶセミナーにも足を運ぶ情熱が素晴らしい



深化リメディアルセラピー2018年6月バージョンのアシスタントとして手伝ってくれた




深化リメディアルセラピー2018年6月バージョンは、 Massage School of QueenslandでCert4まで進んだワーホリ学生の最終目標だったと言われた。このセミナーには日本から柔道整復師や作業療法士も参戦!誰もが刺激 MAX!!だったはず




Massage School of Queenslandでの勉学やイベント・Choose LOHAS Australiaの勉強会・セミナーアシスタント・KYTセミナー・原口テクニックセミナー・深化リメディアルセラピー・・・・

今、学生の化学反応と相乗効果が最高に面白い!  


2018年04月26日

初心者 Eさん。柔道整復師Aさん入学!

初心者 Eさん。柔道整復師Aさん入学!
初めて学ぶEさん。柔道整復師Aさんが同期。

とても嬉しい理想の環境が整ってきました!!嬉しい環境とは常に「学び」常に「成長」常に「刺激」を受ける環境です。



最も上達する近道は二つあります。

ひとつは、上手い人や国家資格レベルの高い人と学び過ごすこと!
もう一つは惜しみなく相手に教えること!

前者は初心者および民間レベルのスクールしか行ったことが無いセラピストのため。
後者は、国家資格レベルの人間が傲慢にならずに学ぶためです。ま、、この話は次回にね。。

さて・・・・ Eさんは僕のもとで学びたいということで他州から引っ越しをしてきました。。一度は断ったのですが、、、、信念に動かされました。ちなみに・・・・相当筋が良いです。今後の成長に期待大。大事に育てます。

思えば、今いる学生たちはみんな僕を慕ってきてくれます。 日本で理学療法士のMくんは2年越しに留学の準備をしていましたし、新しい人生を切り開くつもりで背水の陣をとってきたイタリアYさんと日本からのMさん。

セラピスト人生の土台を作るために  Choose LOHAS Australiaを選んでくれました。

運命の場所・・・それがChoose LOHAS Australiaでありたい。

これは本当に幸せです。

柔道整復師Aさん。彼女は・・・偶然に知り合いから相談を受けて出会いました。。出会いは偶然でも同じ釜の飯を食うのは必然かもしれないですね。

柔道整復師はOsteopaty。理学療法士は Physiotherapyですので共にオーストラリアならばDrドクターの部類です。リメディアルセラピストは太刀打ちできないくらいのレベル。。。たかがディプロマですからね。。。笑

だけどそんな人たちも学べる環境がココにはあります。  

2018年04月12日

5月29〜6月1日4日間 深化リメディアルセラピーの開業コース

深化リメディアルセラピーの開業コース残席1名。





5月29〜6月1日4日間
$2300( Taxこみ) オーストラリアの国家資格を持ったリメディアルセラピストはCPE申請可能

毎日10am-16pm
*授業の後は居残り復習も可能です(無料)。

成果を出せなければ生きていけない時代・・

それはオーストラリアも同じです。本場オーストラリアでは4万5000人のリメディアルセラピストが国家資格として存在し今もなお増え続けています。

深化リメディアルセラピーは、不利な現状から生み出されました。

身長2m近い、体重も100キロはザラ。女性も大きい。想像つかないかもしれませんが、ゴツいオーストラリアやニュージーランド人・・固すぎて弾かれて通じないトリガーポイントやディープティシュなどの手技。腱鞘炎や肩こりや腕の痛みが慢性化するセラピストも少なくありません。

その不利な現状から専門知識が知恵になり『技』になりました。

オーストラリアで国家資格を持ったリメディアルセラピストの立場というものは、非常に過酷かもしれません。「治し」と同時に「癒し」を求められる傾向にあります。いわば整骨院とリラクゼーションサロンの間です。どちらに比を置くかは会話でポイントを絞っていきます。

オーストラリア人は身長も体重も日本人とは比べものにならないほど大きい。当然、背中や肩のコリもすごく固い。指で押しても、肘で押さえても小柄なセラピストなら技が入らなかったり、弾かれてしまう。

時にはクライアント自身は触れられていることも感じない場合もあるでしょう。

体格差のせいで、専門学校で習うままのリメディアルセラピーの手技が効かないことも多々ある。そのような状況の中で僕のリメディアルセラピーは進化していきました。


エビデンスベースで培った技術的な「癒し」と「治し」の合わせ技を伝えます。

小柄なセラピストが体が大きく筋肉の硬いクライアントとの差を無効にするために開発。また、従来のリメディアルセラピーの手技を深化させ連動し、発動させる技やルーテインを創作。

経験は大切ですが、それ以上に確かなエビデンスと正確な技術が大事です。

正確な技術に必要なものは、経験では無く知識とちょっとしたコツと反復練習です。

リメディアルセラピーの豊富な手技を全て覚えろと言うのであれば、長い年月がかかりますが、エビデンスをもとに様々な症状例と臨床経験と施術結果をもとにシンプルにパワフルに設計した技術が深化リメディアルセラピーです。

Fujiiメソッド深化リメディアルセラピーメソッドは、1回のストロークでトリガーポイント、筋膜リリース、関節モビライゼーション、モビライゼーション、エナジーワーク、ディープティシュ、フェザータッチなど2-3種類の技が発動するようにデザインされており治療と癒しを同時に行うことができる画期的メソッド。


このような方に最適です。

*ハードワークなトリートメントをしているので将来が心配。
*サロン開いても新規に結びつかないセラピスト。
*顧客が顔見知り以外作れないセラピスト。
*エステシャンだが体の痛みを持った顧客のニーズを叶えたい
*すでに体がボロボロだがセラピストであり続けたい
* Myotherapistから確かな技術を習いたい
*日本でサロンしたい。
*オーストラリアの専門学校でも習わないリメディアルセラピーの技術を身につけたい。
*人によってまちまちのトリートメント結果を向上させ安定させたい。
*トリガーポイントに効果が感じられない。
*筋膜リリースをしているはずなのに「痛い」が増してしまった。
*「痛い」そのものが緩和しない。


他のサロンとの大きな差別化を100%出せ、技術・理論を中心に女性セラピストでも楽に使える目から鱗のコースです。



1日目
午前:『深化リメディアル・アライメント法』
主な内容:
クライアントを読む
痛みの法則
アセスメントの仕方
自覚症状のないクライアントの見分け方


午後;『感情リリースデコルテ』
主な内容:
怒りの感情の経路を辿りリリースしていくデコルテテクニック


2日目
終日:『深化モビライゼーション(ジョイント膜リリース) Level 1』
主な内容:
モビライゼーションは皮膚や筋肉、関節を動かし、心と体を緊張から解放させ活性化させる感動の技術。




3日目
午前:『深化アドバンストリガーポイントLevel 1 』
主な内容:
筋肉に存在するトリガーポイント(筋膜の歪み)を触れずして取り除く技術。ふくらはぎや、脊柱起立筋など難易度の高い固い筋肉があっという間にほぐれます


午後:『深化ディープティシュ(トリプルディープティシュ)』
主な内容:
筋膜リリース、関節ストレッッチ、トリガーポイント、ディープティシュなどを合わせた技。一回のストロークで2〜3種類のリメディアルの技を発動させ相乗効果を高めた技術。

4日目
午前:『深化リメディアルセラピーエキササイズ』
主な内容:
肩こりや腰痛改善のためのセルフエキササイズ。開脚や前屈、後屈が瞬く間にできるようになり身体の柔軟性が変わっていきます。

午後;おさらい


講師;
藤井慶輔
オーストラリア在住30年。セラピスト歴5年目。Myotherapist(リメディアルマッサージの上級資格)、リメディアルセラピストとアロマセラピスト,パーソナルトレーナーの国家資格を持ち、’癒やし’と治し’’を融合させた「Fujiiメソッド深化リメディアルセラピー」を開発。

オーストラリアでリメディアルマッサージやアロマセラピー留学ができる『セラピスト留学専門エージェント』を運営、学び損じの多いセラピスト留学の充実したサポートを展開している。

世界を股にかける治療家(腰痛研究家)Ken Yamamoto先生のKYTオーストラリアセミナーの主催や『Fujiiメソッド深化リメディアルセラピー」、「家庭のためのアロマセラピー講座〜あろまでLOHAS〜」や「家庭のリメディアルセラピー講座」を開催中。

また、Gold Coastのゴールドワンゴルフスクールにてメイントレーナーとして新しいゴルフ理論の発展に関わっている。

リメディアルアロママッサージのワークショップをオーストラリアと日本で開催し、地域貢献できる本物のセラピスト育成を目指す。

治療家として顧客は幅広く小さな子供から、90代のご年配まで多彩。プロゴルファーやプロラグビー選手、プロサッカー選手、日本の芸能人、マラソン選手、美容師、シェフ、作家 、柔道オーストラリア代表選手など体のケアが必要な職業から多大な信頼を得ている。

フットサル元オーストラリア代表

好きな言葉は『師有自然』
趣味は腰痛観察、料理、化石集め、カメラを持っての散策、サッカー、フットサル(元オーストラリア代表)、星空鑑賞。世界遺産めぐり、解剖学、動物に会いにいくこと、本を書くこと。

国家資格
Advance Diploma of Myotherapy (Remedial Massage)
Diploma of Remedial Massage
Dry needling’
Certificate 4 Massage therapy & practice
Certificate 4 Aromatherapy
Certificate4 Training & Assessment
Certificate3 Guiding
Fast Aid
Blue Card
Ecotourism Australia Certified EcoGuide Assessor
Ecotourism Australia Certified EcoGuide
National Guides of Australia Certified Guide  


Posted by choose LOHAS Australia at 11:58Comments(0)深化リメディアルセラピー

2017年10月01日

新入生 Mくん・Sさん・Yさん

セラピスト専門留学エージェント Choose LOHAS Australiaにオーストラリア国家資格のリメディアルマッサージ専門学校に通う生徒が新しく3名に入ってきました。

かなり練習会もにぎやかに。

Mくん
期待の新人。日本で理学療法士でした。数年前からコンタクトを取り英語のためにフィリピンに行っていたほどの力の入れよう。やっと念願の留学です。
僕の元で学びたいと一途な想いで入ってきました。


Sさん
日本でのセラピスト歴が長くオーストラリアには何とセラピストの修行で来たところをスカウト。7月の深化リメディアルセラピー5日間講座でモデルをして本物のリメディアルマッサージを体験。そして僕の元で勉強したいとワーホリでも取得可能な Certificate4 Massage Practiceに進みます

Yさん
イタリア在住のベテランネイリスト!新しい人生を求めてヨーロッパから参戦。本物のど素人!素晴らしい人材です。転職はゼロからのスタートにはなりません。今までの経験はプラスになります。ネイリストの細かな気配り、観察力、集中力、人脈はこれから活きる!!

日本でセラピストの Sさん曰く・・・日本のセラピストは研修後、売っている本で勉強することが多く、お客様を入れながら知識と経験が増えて、わからないところは整体師さんなどに聞くそうです。また、マッサージに行った際に手技を真似したりすることもあるとのこと。そうなると具体性がないので長い経験であってもやはり未熟な部分は出てくるのかと思います。

確かに・・・・「セラピスト」の雑誌のアンケートを受けたことがありますが、どの本を読んで勉強をするなどの質問が多かったです。

オーストラリアでしっかりと留学して勉強する環境を整えればそれこそ一年の留学が何十年分の経験と知識に相当します。はっきり言えますが Choose LOHAS Australiaの環境はそれ以上です。




しつこいですがオーストラリアのリメディアルマッサージは、通学する学校によって卒業したときのレベルが相当変わります。

学生時代にどのような学校に行って、誰と勉強して、誰を先生とするか。。。マッサージでは最初の1歩が非常に大切になってきます。

人間は1人でモチベーションを上げるのは非常に難しい

存在です。だからこそレベルの高い人たちと出会い過ごし勉強を共にすることで卒業してからも常に常に行動すると言う意識を保つことがやっとできるのです。




僕はセラピスト貧乏をたくさん知っています。国家資格を取ったのに給料が低い。お客さんも取れない。リピーターも凄く少ない。そして体がボロボロに疲れ果て壊れていく。そんなセラピスト貧乏をしています。

弊社のセラピスト勉強会では、知識や技術もさることながら向上すると言う意識を最優先して感じてもらえます。

11月卒業するDiploma組と今年9月に入ってきた新入生が混ざったり、隣同士で練習する事はまずありえない光景です。

それに今回の新入生は日本の理学療法士の子もいます。11月に卒業する先輩たちは昨年まではマッサージ初めてと言う方もいます。

そんな子たちが一緒に過ごす時間はとてもとても貴重です。

様々な経験や職歴、経験が集まる弊社のセラピスト留学生勉強会は他にはない価値があるのです。  


2017年10月01日

新入生 Mくん・Sさん・Yさん

セラピスト専門留学エージェント Choose LOHAS Australiaにオーストラリア国家資格のリメディアルマッサージ専門学校に通う生徒が新しく3名に入ってきました。

かなり練習会もにぎやかに。

Mくん
期待の新人。日本で理学療法士でした。数年前からコンタクトを取り英語のためにフィリピンに行っていたほどの力の入れよう。やっと念願の留学です。
僕の元で学びたいと一途な想いで入ってきました。


Sさん
日本でのセラピスト歴が長くオーストラリアには何とセラピストの修行で来たところをスカウト。7月の深化リメディアルセラピー5日間講座でモデルをして本物のリメディアルマッサージを体験。そして僕の元で勉強したいとワーホリでも取得可能な Certificate4 Massage Practiceに進みます

Yさん
イタリア在住のベテランネイリスト!新しい人生を求めてヨーロッパから参戦。本物のど素人!素晴らしい人材です。転職はゼロからのスタートにはなりません。今までの経験はプラスになります。ネイリストの細かな気配り、観察力、集中力、人脈はこれから活きる!!

日本でセラピストの Sさん曰く・・・日本のセラピストは研修後、売っている本で勉強することが多く、お客様を入れながら知識と経験が増えて、わからないところは整体師さんなどに聞くそうです。また、マッサージに行った際に手技を真似したりすることもあるとのこと。そうなると具体性がないので長い経験であってもやはり未熟な部分は出てくるのかと思います。

確かに・・・・「セラピスト」の雑誌のアンケートを受けたことがありますが、どの本を読んで勉強をするなどの質問が多かったです。

オーストラリアでしっかりと留学して勉強する環境を整えればそれこそ一年の留学が何十年分の経験と知識に相当します。はっきり言えますが Choose LOHAS Australiaの環境はそれ以上です。




しつこいですがオーストラリアのリメディアルマッサージは、通学する学校によって卒業したときのレベルが相当変わります。

学生時代にどのような学校に行って、誰と勉強して、誰を先生とするか。。。マッサージでは最初の1歩が非常に大切になってきます。

人間は1人でモチベーションを上げるのは非常に難しい

存在です。だからこそレベルの高い人たちと出会い過ごし勉強を共にすることで卒業してからも常に常に行動すると言う意識を保つことがやっとできるのです。




僕はセラピスト貧乏をたくさん知っています。国家資格を取ったのに給料が低い。お客さんも取れない。リピーターも凄く少ない。そして体がボロボロに疲れ果て壊れていく。そんなセラピスト貧乏をしています。

弊社のセラピスト勉強会では、知識や技術もさることながら向上すると言う意識を最優先して感じてもらえます。

11月卒業するDiploma組と今年9月に入ってきた新入生が混ざったり、隣同士で練習する事はまずありえない光景です。

それに今回の新入生は日本の理学療法士の子もいます。11月に卒業する先輩たちは昨年まではマッサージ初めてと言う方もいます。

そんな子たちが一緒に過ごす時間はとてもとても貴重です。

様々な経験や職歴、経験が集まる弊社のセラピスト留学生勉強会は他にはない価値があるのです。  


2017年09月29日

セラピスト貧乏・セミナー貧乏

11月4日5日の Ken Yamamotoテクニック新型ベーシックと新型アドバンスセミナーの日が近づいてる(募集中)。

オーストラリア・日本・アメリカ・フィリピンからも治療家やセラピストが参加を表明している。

僕はKen Yamamotoテクニックのセミナーオーガナイザーを任されているし、自分でも深化リメディアルセラピーを教えている。

Ken先生も僕も一番考える事はどのように集客をするかでは無い

どうやったら身につけてもらえるか!何だ

自己投資をしっかりしてほしいと思っている


セラピスト貧乏って知ってる??

高いお金を出してオーストラリアの国家資格であるリメディアルセラピストになったのに、リピーターがいない、お金が貯まらない、体は硬いオージーをマッサージして腱鞘炎・ギックリ腰気味、肩や首は常に痛い・・マッサージが義務になってる・マッサージは楽しいですか?と聞かれたら即答して「はい!」と言えない。


セミナー貧乏って知ってる?

高い、高〜い高額なテクニックセミナーに行きまくりだけど技術が上がらない。これは違う・あれは違うと言ってセミナーを探しまくる。

人は精神状態がとても大切で自分の精神状態が一体どういうものか自分と向き合う必要がある。

あーでもないこーでもない。

この術がクライアントにきかないから他を試そう。

そのような精神状態の場合は必ず袋小路に入る。

テクニックセミナーの袋小路だ。

そのような精神状態でセミナーに出続けると、ブレて誰のテクニックなのかわからなくなってしまい、不思議と効果はでない。
自分の外ばかり気にして内を見えていないからだ





だからこそセラピスト留学専門エージェントChoose LOHAS Australia ではセラピスト留学生のために勉強会を行う

僕個人としてはKYTの参加者同士の勉強会やプロセラピストの勉強会。

場合によっては留学生もプロのセラピスト勉強会参加を了承する(レベルが見合う留学生のみ)





①どの世界もプロは反復練習をする

反復練習は芸術と言えるくらい正確だ

まさに反復練習の差が日々日常のセラピストの向上を決めていく



②セラピストは勉強が仕事、施術は集金
セミナーで習ったことをいきなりクライアントには使わない。
クライアントの意に反したマッサージになることがあり顧客はいなくなる。
スポーツ選手は試合で活躍すればお金になる。施術は試合。そのための練習です。

③読書百遍意自ずからず
わからない文章も100遍繰り返せば意味がわかる。。という意味です。
テクニックは使い捨てではなく生きている。テクニックと向き合い息遣いを掴む。
テクニックの意味が解る。頭ではなく経験や感覚、結果で解るようになる。
そうすれば新しいテクニックを求めるのではなく、理論と勘が働くようになる。



基本を忠実に守るのではなく基本を中心に自分を高めていく

あなたの努力は他人のためにある

成長の扉は開かれているよ  


2017年09月28日

〜お金は精神力の現れ〜

ハワイ大学解剖学のシェア会とKen yamamoto テクニックセミナーの説明会を毎週末してマッスル

7月に行って来た衝撃のハワイ大学解剖学のシェア会と11月4日5日にゴールドコーストで行うKen yamamoto テクニックセミナーの説明会。

説明会は定期的にしてます。説明する僕自身楽しくて仕方ありません。





説明会自体、勉強になりますし、ホルマリン漬けでない生献体を体験して得たことにリンクさせてします。

KYT はテクニックー理論ーエビデンスが確立されてます。それが体験できたハワイ大学解剖学実習は衝撃でした。

Ken yamamoto テクニックセミナーは高額のセミナーだと思いますでしょう




セミナーの後に体得した知識とテクニックと感動と衝撃、参加者のネットワーク、そして高額セミナーに参加したことで解けるお金のブロックを考えると安い。

ネットワークが広がってその後の活躍の場が広がっていきます。

Ken先生の師匠曰く

「人生とは人が有ってこそお互いの間で生まれるんや。

一人では何も起こらない。」

何と言ってもすごい治療家が集まってくる

そのような方々と過ごして生まれる連帯感や同志の感覚は宝物です。

もし・・自分のKYTで腰痛が無くならなかったら??治せなかったら?痛みを取れなかったら??

そのような場合にもすぐに相談できて即解決ができるようになる。

仲間だろうって・・・普通では教えてくれない秘技まで教えてくれることも多い

$1000・$2000・$3000出したセミナー代は何倍にもなって返ってくる。

そう成るように成るし、そう成るように運命は回転する。

僕はそのミラクルを見てきてるもん。


消費したお金は時間が経てば満ちていくけど、時間が経っても技術は増えない。

不思議なことに、お金はその人間の精神力の現れだから、消費した分は戻るけど増えることは無い。

今よりも入るお金を増やす為には精神的向上とそれに伴う納得の技術を身につける必要がある
それがKYTだ。

過去にオーストラリアセミナーに参加した同志はみんな成功したり幸せになってる

だから自信を持って説明できる

KYTはセラピスト人生を変えるよって言える

〜お金は精神力の現れ〜  


2017年09月28日

何のためにセラピストになりたい?

2011年、 Massage School of QueenslandのCertificate4 Massage Practiceの門をくぐりました。

当時、妻は妊娠中。

子育ては過酷です。24時間つきっきりでおしめ替えたり、おっぱいをあげたり、遊んだり、あやしたり、、、、その子のためだけの人生になります。
体型も性格も良くも悪くも変わってします。

ホルモンバランスのせいだけではありません。。過度のストレスに対して僕ができることを考えた結果でした。

正直、Certificate4 Massage Practiceでは勉強は一切しませんでした。でも学校はとても楽しい。

当時は優秀な理学療法士がメインの先生で話すこと、教えてもらえること何もかもが楽しかったです。

さて・・・オーストラリアのスクールホリデーはお母さんとっては2週間の耐久レースみたいなものです。オーストラリアでは16歳未満の子供が一人で家にいることを禁止しています。オーストラリアは6〜8週間学校に行くと2週間のスクールホリデー・・・しかも夏の12月中旬から1月いっぱいは魔の夏休み・・子供を遊ばすために、常に送り迎え、常に遊ぶための企画をしなくてはならない。非常に過酷です。

子育てからくる精神的な疲労と肉体的な疲労を回復して美容作用Maxにしてあげたい。

お肌もスタイル維持もできなくなってくるからと思ってこれがセラピストになった理由です。

家族をケアできて職業になる・・・リメディアルマッサージやアロマセラピーの国家資格を身につける良さはここにあります!

教えることができれば収入が増える

人と違うアロマセラピーの視点を持てば収入が増える

人と違う技術を持てば競争はない


今日のアロマオイルは、アルガン、ココナッツ、ホホバオイル。それにMyotherapy や深化リメディアルのテクニック、KYTのアドバンステクニックと鍼を使いトリートメント。





あなたはなぜセラピストになりたい??  


2017年07月19日

出会いというパワースポット

新たな出会い‼️

ブリスベン在住オーストラリアのリメディアルセラピー国家資格のリメディアルセラピストMaiko ちゃんと日本の鍼灸師と柔道整復師の国家資格をもつワーホリ治療家Shogo。たくさん勉強になります(╹◡╹)♡

日本の鍼灸師と柔道整復師はオーストラリアのリメディアルセラピーの国家資格の3段階くらい上の学位になります。だからとても貴重な治療やテクニック、して臨床のお話を聞けるので勉強になります。




彼はまだ来て2ヶ月ほど。これから彼と過ごせる時間が楽しみですね。

  

Posted by choose LOHAS Australia at 04:57Comments(0)深化リメディアルセラピー

2017年06月26日

7月28〜8月2日深化リメディアルセラピー5日間集中講座

深化リメディアルセラピー2017年最後の講座です。





$1900 7月28日 ~ 8月2日 5日間講座 14pm-16pm

$1000 7月28日 ~ 8月1日 4日講座 10-14pm

7月28日 10-16pm 10-14pm 
*14pm-16pmはテクニックの応用を学びます

深化リメディアルセラピー トリプルディープティシュ
主な内容:筋膜リリース、関節ストレッッチ、トリガーポイント、ダブル・ディープティシュを合わせた四位一体の技。一回のストロークで3〜4種類のリメディアルの技を発動させ相乗効果を高めた設計。


施術時間、数秒から数分で、硬い背中・肩甲骨周辺の筋肉が緩み上肢の緊張が解けて、浮腫がなくなり、ゆるみになります。


7月29日 10-16pm 10-14pm

ジョイント膜リリース アドバンストリガーポイント

主な内容:
トリガーポイントとジョイント膜リリースの使い方
下肢からから上肢までの『筋肉を緩める』『可動域を上げる』
例:大腿四頭筋・後頭筋・傾斜角筋・脊柱起立筋・大胸筋・僧帽筋・胸鎖乳突筋・ふくらはぎ部分など
足首で肩を緩めるなど


7月30日 10-16pm 10-14pm
*14pm-16pmはテクニックの応用を学びます

感情リリースデコルテ
主な内容:怒りの感情の経路を辿りリリースしていくデコルテテクニックです。オーストラリアのクライアントに最も人気のある手技でもあります(リピーターが多い)。

胸鎖乳突筋を含めた感情が溜まる筋を柔らかくしていき、頚椎調整・各種モビライジング・ストレッチ・筋膜リリース・トリガーポイントを同時に発動させることで、滞っていた頭のエネルギーの流れを促進させます。


8月1日
10-16pm 10-14pm
アセスメント・痛みの法則
主な内容:
「可動域を改善する』
症状など見極めるための整形外科的検査法

『自覚症状のないクライアントの見分け方』

運動力学的な痛みの法則(腰の痛み各種(屈折・屈曲・前屈・後屈・捻転)・腱鞘炎・膝・股関節・肩の痛み・首の痛み各種(屈折・屈曲・前屈・後屈・捻転))

上記のテクニックを使った解決方法


8月2日
10-16pm
『深化リメディアル完成形の伝授』

クライアントに合わせて、どのように会話をし、テクニックを選び、ルーティンを考えているかなど、アセスメントからアフターケアまで僕が行っている施術のルーティンを行います。モデルも用意しますので完全に実践型です。


お問い合わせ:
info@chooselohasaustralia.com  


2017年06月24日

Ken YamamotoテクニックNewベーシック&アドバンスセミナーと合宿2017

腰痛の痛みの原因を知る!セラピストとして結果を出す




アメリカ・スペイン・イタリア・オランダ・オーストラリアなど世界各地で活躍する世界の腰痛治療家 
Ken Yamamoto 先生のKYT新型ベーシック、アドバンスセミナーをゴールドコーストで開催することに決定致しました!医学的根拠に基づいたKYT理論で様々な痛みをとりきる検査と技術と理論を学びます。

日にち:
2017年新型ベーシックが11月4日(土)アドバンスが5日(日)です。

強化合宿:
2017年11月6日(月)、7日(火)

費用:
11月4日(土)ベーシック$1000  定員40名
11月5日(日)アドバンス$2000  定員40名
*東京の年に数回行われるセミナーではたったセミナー予約開始後、25分で240名の枠が完売するほど人気と結果が出るテクニックです。

強化合宿は無料(BBQの際は一人いくらかいただきますね)

KenYamamotoテクニック受講後のメリット:
痛みに対して理論的に理解が可能になる
痛みが取れるようになる
検査ー治療ー再検査ができるようになり、指標ができる・説明もできるようになる
KYT理論から筋肉の繋がりが見えてくる、そのため、患部に触れずしてリメディアルマッサージできるようになる(触れない方が良くなる)
腰痛や様々な痛みに立ち向かえるようになる
オンリーワンのセラピストとして高みが見えてくる
高額&高レベルセミナー効果で志の高い仲間ができてコネクションも増える


東京でのKYTNewベーシック東京セミナーでは、25年間腕が上がらない参加者、ムチウチでクビが動かない、不定愁訴の方、頚椎ヘルニアなど、皆んな触らないテクニックで全快しました。

KYTは力学だから誰がやっても習った日から成果を出せるのが最大の特徴です。

ベーシック:
KenYamamotoテクニックの基本となるKYT理論と検査方法とテクニック。局所ではなく骨盤を調整する事により、局所を触れる事なく症状を軽減する事ができます。このベーシックコースだけでも患者様ほとんどの方の症状が改善されます。

効果的な主な症状:坐骨神経痛・腰痛・腰部脊柱管狭窄症・四十肩・膝の痛み・寝違い・膝の痛み・ROMの改善・膝の痛みなどの症状

アドバンス:
患部に触れることなく局所の痛みをとって行く魔法のテクニック。例えば首の痛みを足首だけで取るテクニックや腕の操作で腰痛をなおすテクニック、
彎曲症を治すテクニックなどKenYamamotoテクニックと医学的根拠に基づいたKYT理論を学びます。

効果的な主な症状:慢性的な坐骨神経痛・腰痛・腰部脊柱管狭窄症・四十肩・膝の痛み・寝違い・膝の痛み・彎曲症・ぎっくり腰・ROMの改善・膝の痛みなどの症状


Ken Yamamotoテクニック(以下KYT)の基本はKYT理論そして検査ー施術ー再検査です。検査ー施術ー再検査はオーストラリア国家が出してる’’リメディアルセラピー戦略’’も一緒です・・・が実際は1時間のリメディアルマッサージで来たお客様に検査することもなく、させていただけることもなく、うつ伏せにしてほぼ時間が来るまでマッサージすることが少なくありません。

しかしそれではリラクゼーションの類になってしまいます。もちろん、(特にショッピングセンターのクリニックに来る客は)リラクゼーションも求めていますが基本は’’伴う痛み’’へのリメディアルマッサージなはずです。痛みは、痛い部分を指や肘で擦ったりすれば良くはなるという単純なものではありません。
何回、何時間、マッサージしても効果は変わりません。トリガーポイントやドライニードル、ストレッチ、PNFなどを使っても効果は変わりません。’’痛みの原因’’と’’痛みが発症している部分’’は違うからです。


施術の仕方にしても・・マッサージ後の痛みの結果にしても本来望む結果になってますか?

お客の立場で僕もパソコンと運転で肩が痛くて名のあるリメディアルマッサージのお店に行きましたが、肩周辺を永遠とマッサージされました。触られている時は痛くて快感です。しかし終わったらさらに痛みが増し2、3日頭痛がありました。

また、よくあるケースが言われるがままに肩が痛ければ’’肩’・腰が痛ければ’’腰’’をマッサージ。さらに知識を身につけても(上の学位に進んでも)肩が痛ければ’’肩’・腰が痛ければ’’腰’’、’’首’’が痛ければ’’首周辺をマッサージ。50分徹底的にマッサージします。

’’’’痛みの原理を知る’’’’

どんな症状も1回で結果を出すークライアントはすぐに他のクライアントを紹介するーさらに結果を出すー芋づる式で同じ痛みを持っているクライアントは繋がっているのです。どんどんどんどん紹介してくれます。
これがセラピストとして成功をする方程式です。同じクライアントに何回も’’同じ痛み’’で来てもらっては商売あがったりになります。therapist業に限らずです。


成果を出せなければ生きていけない時代・・

リメディアルセラピストは失業するケースも多い。オーストラリアでは4万5000人のリメディアルセラピストが国家資格として存在し今もなお増え続けています。リメディアルセラピーは医療分野に属するマッサージ療法で、健康保険の対象になり慢性化した症状でも保険が適用されます。
オーストラリアは人口約約2400万人に対してリメディアルセラピスト4万5千人(人口約533人に1人)

人の体に携わるからこそ悩みがあると思います。また、あちこちの治療院やクリニックを試すも効果がなくて途方に暮れているクライアントをお持ちのセラピストで、ご自身も効果が出せないセラピストの方は特に必見です。

’’触られている時は痛くて気持ち’’では’’痛み’は’’無くならない’’のです。


*痛い部分をマッサージしても何時間触っても、何回触っても痛みが取れないと気づいている。
*セラピストなのに自分が壊れそう
*開業を考えている
*自分に自信がない
*無くならない痛みをなんとかしてあげたい。
*自分を頼ってくれているクライアントに報いたい
*痛みの本当の原因を知りたい
*セラピストの限界を超えたい
*クライアントの痛みが無くなるのか疑心暗鬼

今までオーストラリアのセミナーもオーストラリア国内はもちろん日本やアメリカなど海外のセラピストやドクターがセミナー参戦して来ました。

今年は1ヶ月早い11月に開催です。オーストラリアは12月はセラピスト業の繁盛期です。僕の経験ではこの時期が一番、ギックリ腰や腰痛や坐骨神経痛、狭窄症が悪化するケースが多い。また、それに伴い四十肩・寝違い・首が回らない、膝が痛いなど緊急なケースが多いです。

もし医者からも見放されたそのような痛みを自分が取れるようになったらどうでしょう。見えている・考えていた世界が変わります。
こちらのページは非公開ページです。ここではさらに詳しい申し込みやセミナーに関する情報を出しております。

下記はフェイスブックの非公開ページですが申請をしてください。

https://www.facebook.com/groups/785088138326133/

一緒に超レベルアップしましょう。

気になる方、参加して大丈か不安な方、詳細をもっと知りたい方はメールをください。kytgc2017@gmail.com

Ken Yamamotoオフィシャルページ:http://ken-yamamoto.com  


2017年04月11日

自分で学校に見学に行ってみよう

セラピスト留学生候補?…学校の見学に連れて行きました。

学校の金額で迷い、学校の質で迷い、現在への投資は全て未来の自分への投資です。

""自分で学校に見学に行ってきなさい。""

僕のアドバイスは大体最終的には1つです。

このアドバイスに関して返答が曖昧だったりする人はたとえお客様であっても二度と返信はしないです。

周りの人であれば何でも言う、学校についても噂も大きく話す、でも責任は100%取らない。

こっちではこう言われました。

あっちからこう言われました。。

その学校について調べれば調べるほど結局言いたいこと言う人が集まるだけ。





Choose LOHAS Australia から専門学校に通う学生はほぼ全員いろいろな学校に見学をしに行って、実際に学生マッサージを受けています。そして自ら選ぶ。技術は口で説明するよりも学校の実力が明白!

もしくは有難いことに僕と一緒に勉強できんならどの学校でもいいと弊社の門をくぐります。

クライアントが来たときにどのようにコミニケーション図るか、どのようなアセスメントするか、そしてどのようなテクニックを使って治療や癒しの道物価、全て自分の判断です。

このようにマッサージをしたらいいと言うマニュアルはありません。人生も一緒です。  


2017年04月07日

増席!深化リメディアルセミナー東京&神戸・芦屋2017

東京のみ残席3名です




14日の神戸・芦屋は満席になり、15日に増席しました。

4月14日
神戸: https://www.facebook.com/events/1896939143926598/

内容:
『筋肉を緩める』「可動域を改善する』『体と心を整える』を行います。また、四十肩の治し方・腰痛・ギックリ腰・腕の痺れなどの治し方をします。
鍼灸やドライニードリングをされる方がいれば鍼一本で首や肩、腰の痛みに効果のあるやり方を紹介します。





東京は残席3名です。

4月17日
東京: https://www.facebook.com/events/648117792040460/
内容:
深化リメディアルセラピー⒈「トリプル・ディープティシューテクニック」
深化リメディアルセラピー⒉「ジョンイント筋膜リリース」

■このような方向けです:リラクゼーションセラピスト・整体師・アロマセラピスト・スポーツマッサージ・柔道整復師・鍼灸師・理学療法士・スポーツトレーナー・エステシャン

参加資格:セラピスト初心者から上級者 (これからはじめようとする方も参加可能)






@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

また、『頼られるセラピストを目指そう』というグループを立ち上げました。
クライアントさんの症状の悩みやコミュニケーション方法、効果的なテクニックのヒントのシェア、スーパーテクニックのセミナーの情報を集めたいなと思います。

もしご興味があれば申請してご参加下さい。

https://www.facebook.com/groups/1861533917460497/1861535037460385/?notif_t=like¬if_id=1490029952302910  


2017年04月07日

留学生の様子:Dr理学療法士が勉強会に参加

勉強会にDr of Physiotherapyの称号を持つYさんが来てくれました。

YさんはオーストラリアでKen Yamamotoテクニックを学んだ仲です。

国民の70%以上がスポーツやレクリエーションを楽しむオーストラリアではPhysiotherapist の存在は’’神様’’ですw。。

怪我したらPhysio行け。

痛くなったらPhysio行け。

動けなくなったらPhysio行け。

もうPhysioのいうことは絶対ですw

アマチュアからプロのスポーツチームまでPhysiotherapyに世話になっているはずです。

また、General Practitioner という開業医も患者様をPhysiotherapist の院に紹介したりします。

まさにリハビリや強化のプロ。そしてYさんはその中でもDr of Physiotherapyの称号を持つのです。





さぁ勉強会で良いところを見せよう・・・・・・・

どんどんYさんに質問しよ〜〜〜〜〜・・・・・・・

としましたが・・・・みんな緊張もあり全滅><

当たり前かぁ・・これも良い経験だ


  


2017年03月21日

深化リメディアルセラピーin神戸2017




4月14日 10〜16pm

深化リメディアルセラピーin神戸では、
◆テクニック② 「ジョンイント筋膜リリース」
◆テクニック③ 「アドバンストリガーポイント療法」
◆テクニック④ 「感情リリースデコルテ」
の応用手技を紹介します。


『筋肉を緩める』
下肢からから上肢までの『筋肉を緩める』
例:大腿四頭筋・後頭筋・傾斜角筋・脊柱起立筋・大胸筋・僧帽筋・胸鎖乳突筋・ふくらはぎ部分など

「可動域を改善する』
症状など見極めるための整形外科的検査法
正しくアプローチできるための触診法
自覚症状のないクライアントさんの見分け方など

『体と心を整える』
整体や治療の根本。体と心のエネルギーをシンクロをする方法。

を行います。


■このような方向けです:リラクゼーションセラピスト・整体師・アロマセラピスト・スポーツマッサージ・柔道整復師・理学療法士・スポーツトレーナー

参加資格:セラピスト初心者から上級者 (これからはじめようとする方も参加可能)

■持ち物:筆記用具、大型のタオル3枚、自分の飲み物
※講座では、オイルを使用し、脱衣での技術練習があります

■お問い合わせ・参加申し込みは info@chooselohasaustralia.com まで

■HP: https://www.chooselohasaustralia.com/fujiiメソッド深化リメディアルセラピー-1/


限定8名

自己投資費用:3万円




◆◆深化リメディアルセラピーとは?◆◆

リメディアルセラピーは、理学療法や解剖生理学などを用いた手技の宝庫ですが、「深化リメディアルセラピー」はそれらの技術を掘り下げ、’’整体’’と’’癒し’’を同時に施し、セラピスト自身の体も守ることを前提にした画期的メソッドです。

精神・神経・骨格筋に同時にアプローチをするこの施術を受けると筋肉は緩み、骨格が自然と整い、体が軽くなり、目の前が開けたような感覚を受けます。

<どのような方に効果的か>
お年寄りからプロのアスリートまで幅広い方々に施術ができます。

<セラピストへのメリット>

セラピストへのメリットは一言で言うと’’全てが楽’’。セラピストへの負担を最小限にして効果的な結果がえられます。

触れずして、首や肩、鼠蹊部、ウエストなどリンパ節の部分がスーーーットしぼんでいくように細くなっていく光景はさながら魔法のようです。

クライアントの筋肉の緊張を解き、痛みのケアもでき、セラピストに負担のかからない設計ですから、力ずくでパンパンに張った背中などを指や肘で押す必要がなくなります。 結果、’’他と違う’’クライアントから驚かれることになりセラピストに必要な’’頼られる存在’’となります



<クライアントも健康・セラピストも健康>

これが深化リメディアルセラピーのスタンスです。

クライアントの筋肉の緊張を解き、痛みのケアもでき、セラピストに負担のかからない設計ですから、力ずくでパンパンに張った背中などを指や肘で押す必要がなくなります。

いわばリラクゼーションに加え、猫背の改善、頭痛・ギックリ腰、腰痛、肩こり、寝違え、腱鞘炎、四十肩、ゴルフ肘、テニス肘、自律神経の問題の解消にも期待してください。


<体の診え方が変わる>
例えばパソコンのし過ぎで首が痛い、肩が凝る・・

後頭筋、胸鎖乳突筋、僧帽筋、三角筋、広背筋、頭半棘筋、頭板状筋、肩甲挙筋、上後鋸筋、小菱形筋、大菱形筋、棘上筋、棘下筋、大円筋、脊柱起立筋、下後鋸筋・・・・

解剖学の本の上からでしたら正解ですが、果たして上記の筋肉をほぐそうとして解れますでしょうか??

上記の筋肉にアプローチをして果たしてスッキリするでしょうか?

トリートメントをしている時は気持ちが良い・・終わると重さが戻る・・原因はクライアントの生活習慣が悪い・・精神的なものが筋肉を硬くしているからヨガしてください・・などなど

本当の原因はアプローチをする部分が間違っていることが多いです。

整形外科的検査法を知ることで正しくアプローチできるようになります。


<もっともっと施術が楽しくなる>

セラピストは効果的な施術が楽にできるようになりますから、お客様の反応が面白いように変わります。セラピスト業がもっと楽しくなります!

トリートメントというものは、セラピストの想いがテクニックを通してクライアントに通じます。

リラクゼーションのセラピストの方々は、「癒し」を意識してこれらのテクニックを用いると深化リメディアルセラピーの癒し力が倍増されていきます。

アスリートやスポーツ選手のトリートメントは、整体を意識してください。癒し力を残し、かつ、深化リメディアルセラピーの整体力が発揮されていきます。

クライアントの症状に合わせて施術したり、ご自身の現在行っている施術に取り入れたりもしていただけます。


お問い合わせ・参加申し込み希望は info@chooselohasaustralia.com まで

■お問い合わせ・参加申し込みは info@chooselohasaustralia.com まで

■HP: https://www.chooselohasaustralia.com/fujiiメソッド深化リメディアルセラピー-1/


-----------------------------------------------------------------------------

【深化リメディアルセラピー、テクニック詳細】 

■テクニック①■
「ダブル・ディープティシューテクニック」&
「トリプル・ディープティシューテクニック」

このテクニックは、数秒でクライアントの背中の緊張が解け、痩身作用を生み出します。深化リメディアルセラピーの基礎のテクニックで、一回のストロークでセラピスト2人から施術を受けているかのような錯覚を受ける気持ちの良い技。

流れるように筋膜リリース、関節ストレッッチ、トリガーポイントなどを織り交ぜたテクニックです。一回のストロークで3〜4種類の技を同時に施すことで、相乗効果を高めます。

セラピストにかかる施術の負担(姿勢や肘、指)を最大限に減少させ、ディープティシューの効果を最大限に上げたテクニック。

施術時間、数秒から数分で、硬い背中・肩甲骨周辺の筋肉が緩み、上肢の緊張が解け、極めて痩身作用が高い手技。

■テクニック②■
「ジョンイント筋膜リリース」

特に巻肩対策に。また、ウエストが細くなる可能性大。
硬い上腕・前腕・肩・肩甲骨などの筋肉を指の関節に触れるだけで、緊張を解いでいきます。肩や腕、指、股関節の可動域も上がり、 骨盤の矯正も期待できます
筋の緊張の60%は関節包の緊張から来ていると言われ、関節包のコリは筋膜や筋肉、神経にまで効果を及ぼします。
あまり身体を触られたくないクライアントや、トリガーポイントでは痛みが強すぎる、緩まない筋肉の緊張や肩甲骨の硬さなどに効率的にアプローチできます

■テクニック③■
「アドバンストリガーポイント療法」

トリガーポイントの効果が実感できない時はありませんか?

実はトリガーポイントには使い方があります。トリガーポイントは痛みからのメッセージなのです。そのメッセージを読み間違いなければ、トリガーポイントに多い’’トリートメント後の揉み返し’’がなくなります。揉み返しは筋肉線維の負傷です。

この講座では、オーストラリアの国家資格Diploma of Remedialの最上位に位置する、Advanced Diploma of Myotherapy ( Remedial Massage)やThe Bachelor of Science Clinical Myotherapyで使う「アドバンストリガーポイント療法」の資料を含めて紹介します。

ひどい肩こりの原因をつきとめながら、トリガーポイント対策を中心に進めていき、簡単な腰痛やギックリ腰のトリガーポイントも紹介します。

■テクニック④■
「感情リリースデコルテ」
人は感情を押し殺す生き物です。喜怒哀楽の交差する日常で’’笑顔を作る’’ことが多い現代の社会では、感情が筋肉や筋膜に溜め込まれます。
怒っている肩・パンパンに張っている胸鎖乳突筋、上がっている鎖骨、張り詰めた交感神経、硬い頭皮・・怒りの感情の経路を辿りリリースしていくデコルテテクニックです。
オーストラリアのクライアントに最も人気のある手技でもあります。

呼吸の乱れを整え、胸鎖乳突筋を含めた感情が溜まる筋を柔らかくしていき、頚椎調整・各種モビライジング・ストレッチ・筋膜リリース・トリガーポイントを同時に発動させることで、滞っていた頭のエネルギーの流れを促進させます。
「ジョンイント筋膜リリース」と合わせると相乗効果が期待できます

【4つの基本テクニック】※テクニック詳細は、下記をご参照ください。
◆テクニック① 「ダブル・ディープティシューテクニック」&
「トリプル・ディープティシューテクニック」
◆テクニック② 「ジョンイント筋膜リリース」
◆テクニック③ 「アドバンストリガーポイント療法」
◆テクニック④ 「感情リリースデコルテ」

【基本テクニック使用事例】
4つの基本テクニックを組み合わせて相乗効果を発揮!!

◆組み合わせ応用例Ⅰ(テクニック②③④)
ハイヒールを履く女性。
顔のむくみ、肩こり・腰痛・冷え性・便秘・猫背などの不快な症状がある。

◆組み合わせ応用例Ⅱ(テクニック②③)
触られるのが苦手な男性。
肩こり・首こり・腰痛・頭痛などの不快な症状がある。
最小のタッチで最大限の効果を生み出します。

◆組み合わせ応用例Ⅲ(テクニック①②③)
ランナーの女性やアスリート
捻挫や体に痛みの予防。スポーツの前のコンディショニング。疲労回復促進。
緊張した心身を短時間で整えます。


その他
姿勢不良・日常生活からくる不快な症状からスポーツ後のケアまで、様々な症例に応用していただけます。
巻き肩・猫背・ぎっくり腰・冷え性・便秘・血行やリンパの流れ改善・バストアップ・身体のハリ・自律神経・頭痛・腰痛・肩こり・ 猫背の改善・首や腕の痛み・瘦身・顔のリフトアップ・セルライト、など。


■お問い合わせ・参加申し込みは info@chooselohasaustralia.com まで

■HP: https://www.chooselohasaustralia.com/fujiiメソッド深化リメディアルセラピー-1/




藤井慶輔 Keisuke Fujii
オーストラリア在住28年。Remedial Therapyの最上位の国家資格Myotherapyの資格を持つ。

そのほかのオーストラリアの国家資格
•Advance Diploma of Myotherapy (リメディアルセラピーの上の国家資格)
•Diploma of Remedial Massge(リメディアルセラピーの国家資格)
•Certificate4 Training & Assessment(講師の国家資格)
•Certificate4 Aromatherpy(アロマセラピーの国家資格)
•Dry Needling(西洋式鍼の国家資格)
•Certificate4 Fitness(スポーツトレーナーの国家資格)

オーストラリアでリメディアルマッサージやアロマセラピー留学ができる『セラピスト留学専門エージェント』を運営し学び損じの多いセラピスト留学の充実したサポートを展開している。

また、『深化リメディアルセラピー」、「家庭のためのアロマセラピー講座〜あろまでLOHAS〜」や「家庭でできるリメディアルセラピー講座」を開催。

ゴールドワンゴルフスクールのメインセラピスト・トレーナーを務める。

治療家として顧客は幅広く小さな子供から、90代のご年配まで多彩。プロゴルファーやプロラグビー選手、プロサッカー選手、日本の芸能人、マラソン選手、美容師、シェフ、作家 、柔道オーストラリア代表選手など体のケアが必要な職業から多大な信頼を得ている。  


2017年03月19日

深化リメディアルセラピーin 東京2017




◆◆深化リメディアルセラピーとは?◆◆

リメディアルセラピーは、理学療法や解剖生理学などを用いた手技の宝庫ですが、「深化リメディアルセラピー」はそれらの技術を掘り下げ、’’整体’’と’’癒し’’を同時に施し、セラピスト自身の体も守ることを前提にした画期的メソッドです。

精神・神経・骨格筋に同時にアプローチをするこの施術を受けると筋肉は緩み、骨格が自然と整い、体が軽くなり、目の前が開けたような感覚を受けます。

<どのような方に効果的か>
お年寄りからプロのアスリートまで幅広い方々に施術ができます。


<セラピストへのメリット>

セラピストへのメリットは一言で言うと’’全てが楽’’。セラピストへの負担を最小限にして効果的な結果がえられます。

触れずして、首や肩、鼠蹊部、ウエストなどリンパ節の部分がスーーーットしぼんでいくように細くなっていく光景はさながら魔法のようです。

クライアントの筋肉の緊張を解き、痛みのケアもでき、セラピストに負担のかからない設計ですから、力ずくでパンパンに張った背中などを指や肘で押す必要がなくなります。 結果、’’他と違う’’クライアントから驚かれることになりセラピストに必要な’’頼られる存在’’となります


<クライアントも健康・セラピストも健康>

これが深化リメディアルセラピーのスタンスです。

多くのセラピストは慢性化した痛みを抱えています。同じ姿勢で硬いとされるクライアントの箇所を揉み解そうとする。前傾で猫背になり体制を崩した状態でトリートメントをしているからです。

触れるだけで皮膚の緊張が緩んだらいかがでしょうか?

セラピストが触れずして寝ているクライアントの姿勢が整い、呼吸も整ったらいかがでしょうか?

理にかなった方法で深化リメディアルセラピーはセラピストにとって目から鱗が技術満載なのです。


クライアントの筋肉の緊張を解き、痛みのケアもでき、セラピストに負担のかからない設計ですから、力ずくでパンパンに張った背中などを指や肘で押す必要がなくなります。

そしてリラクゼーションに加え、猫背の改善、頭痛・ギックリ腰、腰痛、肩こり、寝違え、腱鞘炎、四十肩、ゴルフ肘、テニス肘、自律神経の問題の解消にも期待してください。


<体の診え方が変わる>
例えばパソコンのし過ぎで首が痛い、肩が凝る・・

後頭筋、胸鎖乳突筋、僧帽筋、三角筋、広背筋、頭半棘筋、頭板状筋、肩甲挙筋、上後鋸筋、小菱形筋、大菱形筋、棘上筋、棘下筋、大円筋、脊柱起立筋、下後鋸筋・・・・

解剖学の本の上からでしたら正解ですが、果たして上記の筋肉をほぐそうとして解れますでしょうか??

上記の筋肉にアプローチをして果たしてスッキリするでしょうか?

トリートメントをしている時は気持ちが良い・・終わると重さが戻る・・原因はクライアントの生活習慣が悪い・・精神的なものが筋肉を硬くしているからヨガしてください・・などなど

本当の原因はアプローチをする部分が間違っていることが多いです。

整形外科的検査法を知ることで正しくアプローチできるようになります。


<もっともっと施術が楽しくなる>

セラピストは効果的な施術が楽にできるようになりますから、お客様の反応が面白いように変わります。セラピスト業がもっと楽しくなります!

トリートメントというものは、セラピストの想いがテクニックを通してクライアントに通じます。

リラクゼーションのセラピストの方々は、「癒し」を意識してこれらのテクニックを用いると深化リメディアルセラピーの癒し力が倍増されていきます。

アスリートやスポーツ選手のトリートメントは、整体を意識してください。癒し力を残し、かつ、深化リメディアルセラピーの整体力が発揮されていきます。

クライアントの症状に合わせて施術したり、ご自身の現在行っている施術に取り入れたりもしていただけます。

東京は、4月17日2手技。

※4つの基本テクニックの詳細や組み合わせ相乗効果は下記をご参照ください。


■自己投資費用:1手技 2万5000円 

■このような方向けです:
リラクゼーションセラピスト・整体師・アロマセラピスト・スポーツマッサージ・柔道整復師・理学療法士・スポーツトレーナー

参加資格:セラピスト初心者から上級者 (これからはじめようとする方も参加可能)

■持ち物:筆記用具、大型のタオル3枚、自分の飲み物
※講座では、オイルを使用し、脱衣での技術練習があります



4月17日 10am〜14pm 費用 2万5000円  
手技1「ダブル・トリプル・ディープティシューテクニック」


7月17日 15pm−18pm 費用 2万5000円 
手技2「ジョンイント筋膜リリース」


*4つの基本テクニックの詳細や組み合わせ相乗効果は下記をお読みください。

限定6名

自己投資費用:1手技 2万5000円 


お問い合わせ・参加申し込み希望は info@chooselohasaustralia.com まで

■お問い合わせ・参加申し込みは info@chooselohasaustralia.com まで

■HP: https://www.chooselohasaustralia.com/fujiiメソッド深化リメディアルセラピー-1/


-----------------------------------------------------------------------------

【深化リメディアルセラピー、テクニック詳細】 

■テクニック①■
「ダブル・ディープティシューテクニック」&
「トリプル・ディープティシューテクニック」

このテクニックは、数秒でクライアントの背中の緊張が解け、痩身作用を生み出します。深化リメディアルセラピーの基礎のテクニックで、一回のストロークでセラピスト2人から施術を受けているかのような錯覚を受ける気持ちの良い技。

流れるように筋膜リリース、関節ストレッッチ、トリガーポイントなどを織り交ぜたテクニックです。一回のストロークで3〜4種類の技を同時に施すことで、相乗効果を高めます。

セラピストにかかる施術の負担(姿勢や肘、指)を最大限に減少させ、ディープティシューの効果を最大限に上げたテクニック。

施術時間、数秒から数分で、硬い背中・肩甲骨周辺の筋肉が緩み、上肢の緊張が解け、極めて痩身作用が高い手技。

■テクニック②■
「ジョンイント筋膜リリース」

特に巻肩対策に。また、ウエストが細くなる可能性大。
硬い上腕・前腕・肩・肩甲骨などの筋肉を指の関節に触れるだけで、緊張を解いでいきます。肩や腕、指、股関節の可動域も上がり、 骨盤の矯正も期待できます
筋の緊張の60%は関節包の緊張から来ていると言われ、関節包のコリは筋膜や筋肉、神経にまで効果を及ぼします。
あまり身体を触られたくないクライアントや、トリガーポイントでは痛みが強すぎる、緩まない筋肉の緊張や肩甲骨の硬さなどに効率的にアプローチできます

■テクニック③■
「アドバンストリガーポイント療法」

トリガーポイントの効果が実感できない時はありませんか?

実はトリガーポイントには使い方があります。トリガーポイントは痛みからのメッセージなのです。そのメッセージを読み間違いなければ、トリガーポイントに多い’’トリートメント後の揉み返し’’がなくなります。揉み返しは筋肉線維の負傷です。

この講座では、オーストラリアの国家資格Diploma of Remedialの最上位に位置する、Advanced Diploma of Myotherapy ( Remedial Massage)やThe Bachelor of Science Clinical Myotherapyで使う「アドバンストリガーポイント療法」の資料を含めて紹介します。

ひどい肩こりの原因をつきとめながら、トリガーポイント対策を中心に進めていき、簡単な腰痛やギックリ腰のトリガーポイントも紹介します。

■テクニック④■
「感情リリースデコルテ」
人は感情を押し殺す生き物です。喜怒哀楽の交差する日常で’’笑顔を作る’’ことが多い現代の社会では、感情が筋肉や筋膜に溜め込まれます。
怒っている肩・パンパンに張っている胸鎖乳突筋、上がっている鎖骨、張り詰めた交感神経、硬い頭皮・・怒りの感情の経路を辿りリリースしていくデコルテテクニックです。
オーストラリアのクライアントに最も人気のある手技でもあります。

呼吸の乱れを整え、胸鎖乳突筋を含めた感情が溜まる筋を柔らかくしていき、頚椎調整・各種モビライジング・ストレッチ・筋膜リリース・トリガーポイントを同時に発動させることで、滞っていた頭のエネルギーの流れを促進させます。
「ジョンイント筋膜リリース」と合わせると相乗効果が期待できます

【4つの基本テクニック】※テクニック詳細は、下記をご参照ください。
◆テクニック① 「ダブル・ディープティシューテクニック」&
「トリプル・ディープティシューテクニック」
◆テクニック② 「ジョンイント筋膜リリース」
◆テクニック③ 「アドバンストリガーポイント療法」
◆テクニック④ 「感情リリースデコルテ」

【基本テクニック使用事例】
4つの基本テクニックを組み合わせて相乗効果を発揮!!

◆組み合わせ応用例Ⅰ(テクニック②③④)
ハイヒールを履く女性。
顔のむくみ、肩こり・腰痛・冷え性・便秘・猫背などの不快な症状がある。

◆組み合わせ応用例Ⅱ(テクニック②③)
触られるのが苦手な男性。
肩こり・首こり・腰痛・頭痛などの不快な症状がある。
最小のタッチで最大限の効果を生み出します。

◆組み合わせ応用例Ⅲ(テクニック①②③)
ランナーの女性やアスリート
捻挫や体に痛みの予防。スポーツの前のコンディショニング。疲労回復促進。
緊張した心身を短時間で整えます。


その他
姿勢不良・日常生活からくる不快な症状からスポーツ後のケアまで、様々な症例に応用していただけます。
巻き肩・猫背・ぎっくり腰・冷え性・便秘・血行やリンパの流れ改善・バストアップ・身体のハリ・自律神経・頭痛・腰痛・肩こり・ 猫背の改善・首や腕の痛み・瘦身・顔のリフトアップ・セルライト、など。


■お問い合わせ・参加申し込みは info@chooselohasaustralia.com まで

■HP: https://www.chooselohasaustralia.com/fujiiメソッド深化リメディアルセラピー-1/

藤井慶輔 Keisuke Fujii
オーストラリア在住28年。Remedial Therapyの最上位の国家資格Myotherapyの資格を持つ。

そのほかのオーストラリアの国家資格
•Advance Diploma of Myotherapy (リメディアルセラピーの上の国家資格)
•Diploma of Remedial Massge(リメディアルセラピーの国家資格)
•Certificate4 Training & Assessment(講師の国家資格)
•Certificate4 Aromatherpy(アロマセラピーの国家資格)
•Dry Needling(西洋式鍼の国家資格)
•Certificate4 Fitness(スポーツトレーナーの国家資格)

オーストラリアでリメディアルマッサージやアロマセラピー留学ができる『セラピスト留学専門エージェント』を運営し学び損じの多いセラピスト留学の充実したサポートを展開している。

また、『深化リメディアルセラピー」、「家庭のためのアロマセラピー講座〜あろまでLOHAS〜」や「家庭でできるリメディアルセラピー講座」を開催。

ゴールドワンゴルフスクールのメインセラピスト・トレーナーを務める。

治療家として顧客は幅広く小さな子供から、90代のご年配まで多彩。プロゴルファーやプロラグビー選手、プロサッカー選手、日本の芸能人、マラソン選手、美容師、シェフ、作家 、柔道オーストラリア代表選手など体のケアが必要な職業から多大な信頼を得ている。
  


2017年03月07日

留学生の様子:CLA勉強会のレベル

学校教えない痛みの原理、アセスメントの仕方、タッチオブセンスの感覚、解剖学の真実、クライアントの心理学、テクニックを紹介したりプロのカイロ、フィジオ、リメディアルセラピストを招いて交流をしたりしています。

学生は横社会ですので、知識や技術が学校や働いている店のレベルでしか広がりがありません。。。。

せっかく周りには、刺激を受ける存在がいるのにも関わらず触れ合う機会などなかなかありません。ですからCLA勉強会では学生のモチベーションを高めるべく工夫して接しています。

CLA勉強会では生徒をモデルに勉強することもあります。

何をするかというと’’痛みを取る’’のです。

首を屈曲するとT1が痛い!とO君。

マッサージに関わる学生、先生や先輩にアセスメントや施術してもらったが改善せず。っということでCXとTXのアセスメントの仕方の違いを教えました。


首を屈曲して首が痛い場合と、首を屈曲してT1付近が痛い場合は、施術をする箇所が違います。





首を屈曲して首が痛い場合、僕は脚の調整で痛みを無くします。

しかし今回はTX…この場合はThoracolumber jointの調整・・・・・

’’痛くないデス’’っとOくん。。

あっという間に痛かった箇所が痛く無くなります。

肩が凝り過ぎていても肩がスーっと楽になる深化リメディアルのテクニックを伝授。

あとは練習あるのみですね〜  


2017年03月06日

セラピスト留学生の様子:新入生Yさん登場

1月末から新しくマッサージの学校に通うYさん。 ・・またイニシャルYさん・・・3ん人目のYさんですねw


なんとサンシャインコーストに現在住んでいて、定期的に行われるCLAセラピスト勉強会に日帰りで来てくれました!

片道4時間の道のりです。

彼女はマッサージ経験者ですが、初めて勉強会に参加したコメントは、’’すごく勉強なりました’’’’目から鱗’’ということです。





Oくんも、Yさんももう一人のYさんも急激な成長の真っ只中にいるのでみんなの成長が楽しみです。


Choose LOHAS Australiaを通してマッサージの専門学校へ行くと決めた理由は、勉強会が定期的あるから・・・だそうです。

学校での悩み、宿題の悩み、、施術の悩み、、、悩んだまま学生生活を終わらせるのではなく、悩みを解決することで見えてくる新しい悩みや壁や歓喜や目標があります!超えないと見えてこないものがあります。

学生も増えてCLAも活気ついてきました。

楽しいぞ〜〜  


2017年03月05日

メルボルン出張マッサージ

なんと・・・もう2月。。ブログ更新してなくてすいません。。。

Choose LOHAS Australiaから通う留学生たち4名は成長しています。四苦八苦する中で見えてくる新しい世界!!それを一緒に考えたりサポートしたり・・・楽しい日々です。

さて・・タスマニア・メルボルン・日本へと2月は出張続き。いつでも往診できるわけではないので時間の許す限り、時間のある限り、痛いを取り除いて行きます!

メルボルンではRemedial Massage, 家庭のためのアロマセラピー講座、家庭のセルフケア講座の3連ちゃん。
しかも3日間で10名以上の体を診させていただきました。




原因不明の膝の痛み・・ようはGPやカイロ、フィジオに通っている、もしくは行っているが効果がはっきり現れない症状です。

これらの症状に対してKen Yamamotoテクニックは無敵に近い効果を出します。力学を用いるから、患部に触らずして痛みを取り除く、もしくは緩和します。

深化リメディアルはKen Yamamotoテクニックのサポートとして僕は使います。このサポートが大切で、痛みを戻さないために細かい体の部分をトリートメントします。




6ヶ月以上ヘルニアの痛みで苦しんでいた腰痛が軽くなったり、肩が重く、首が外旋できなかった肩や首がかるくなったり・・・彎曲症で背が縮んで猫背だった状態がまっすぐになり背が伸びたり・・・施述後の変化が面白いように自分自身にわかる。夫婦で身体の変化に感動してぴょんぴょんと跳ねて喜んでくれた方もいらっしゃいました。