2015年08月30日

セラピストWS:カリスマコーチの自動実現脳の作り方

9月12日カリスマコーチング林健太郎・丸山文幸セミナー


自動実現脳の作り方


日本で数々の実績を出すコーチ、丸山文幸氏と林健太郎氏のオーストラリア3度目の自己実現セミナーです。

’’あなたがもし、自分には能力がないとか、何をやっても上手くいかないと思っているのは、能力がないわけではないんです。
みんな素晴らしい能力を持っているし、スゴいんですが、脳の仕組みや力を知らずに動いているから、上手くいってないだけなのです。’’






参加費:80ドル(早期割引、お友達割引 50ドル)
懇親会:50ドル
セミナー+懇親会:100ドル(詳しくは http://www.eventbrite.com/e/18073729010 で)

第1部:「コーチングの真髄”子供の脳力を引き出す”、”お客さんの買いたい”を引き出す考え方

第2部:「奇跡の起こし方」

第3部: QAセッション(対談方式)

第4部: 懇親会





セミナーでは・・

   人の脳のくせ
   苦悩の正体
   世界的な集団的暗示の正体
   もっともらしく語られるウソ
   夢実現法則の正しいカラクリ
   苦悩から抜け出し、奇跡を起こす方法
   人生のコントロールを自分の手に取り戻す方法

などについてお伝えします。



お問い合わせ・お申し込み:MANA 0425378834 manamib@bigpond.com
http://www.eventbrite.com/e/18073729010

丸山文幸氏

コーチ、メンタルトレーナー、メンタルティーチャー、メンタルデザイナー)
四半世紀の間、ITの最前線でソフトウェア開発チームを率い、マネジメントした部門はいつも会社の稼ぎ頭と称される。海外現地法人のCEOとして、単独でハノイに乗り込み、現地エンジニアのみで構成する開発拠点を立ち上げた後、外国企業に対する日本市場参入のコンサルティングや日本語のコミュニケーション技術の指導など、国籍を越えたチームビルディング、マネジメント、コミュニケーションの分野での豊富な実践と指導経験を持つ。
氏が最も得意とするのは、個人と組織のパフォーマンスの最大化。メンバーの特徴を見抜き、それぞれの優れた部分を最大限に発揮させることで、ひとりひとりが推進力となり、爆発的な組織力をもって成果に繋げるというもの。
2011年に衝撃的な人生の転機を経験し、自身の使命に目覚める。ちょうどその頃、コーチングの父と称されるルー・タイス氏や苫米地英人博士に出会い、コーチング理論に触れるなかで、自身が長年にわたって試行錯誤しながら実践してきたことがコーチングそのものであった事を知る。その後、世界基準のコーチング理論に裏打ちされた、独自のコーチングスタイルを確立。
現在は、脳機能学・心理学・形而上学・易学・自身の経験や研究成果などを融合したユニークなセミナーやコーチングセッションを全国・海外で展開している。
クライアントは、脳神経系医療関係者、経営者、教師、コーチ、セラピスト、会社員、主婦、母親、学生、高齢者、ゴルファー、Jリーガー、高校ソフトボールチーム、高校ラグビーチーム、高校テニスチームなど、多様な層からの依頼を請ける。
明確なゴールを設定して達成するというミッション・クリティカルなコーチングはもちろん、苦しみから解放し自分の無限の力を取り戻す方法を伝える活動や、コーチングマインドを指導する活動などにより、数多くの人々の人生の好転に貢献している。専門は、迷いからの解放。


林健太郎氏

大手リフォーム会社の営業・設計・現場監督をすべてこなすSE(セールスエンジニア)として勤務。1年目は営業ノルマを達成できず、クビ寸前の成績であったが、コーチングと出会い、そのコーチング技術をセールスに活かしたところ、2年目に入って1ヶ月で5,000万円を売り上げる。
その後、会社を離職し、師匠である「苫米地 英人」博士と出会い、苫米地博士からコーチングの真髄を学び、その技術は格段に向上。
現在は、パーソナルコーチングや企業コーチング、スポーツチームのコーチングを実施。スポーツでは高校ソフトボール部に関わって、わずか5カ月でインターハイ準優勝に導くなど、“結果を出すコーチング"として高い評価を得ている。
2015年に入ってから関わった高校ソフトテニス部でも、8ペアの出場枠の内5ペアがインターハイ出場し、団体戦も全勝優勝しインターハイ出場に導く。
6月に行なわれた全国大会の個人戦でも準優勝に導く。
その他2014年には、シドニーでも講演をし、2015年3月には、ゴールドコーストでの講演も開催され、シンガポールからもオファーが来るなど、日本だけに留まらず世界でも活躍している。
また、中学生1,000人に対しての講演や子育てコーチングなど、教育関係からの講演依頼も多数ある。
コーチング技術を活かした独自の営業方法に興味を持った出版社からオファーがあり、2014年11月に「コーチング営業」を出版しAmazonのセールス・営業部門で1位を獲得。


企画主催:Positively Flourish
企画協力:Choose LOHAS Australia
  

Posted by choose LOHAS Australia at 06:50Comments(0)セラピストWS(ワークショップ)

2015年08月27日

セラピストWS: 筋肉と感情〜感情リリースのWS 

9月12日開催


筋肉と感情〜感情リリースのワークショップ 
痛み•コリは体からのメッセージ


マッサージしても固い部分・・それは脳からの指令で緊張をしています。

その指令先は感情です。

人は、喜び・悲しみ・緊張・怒り・憤り・心配....など様々な感情とともに日々を生きています。そして、その感情から筋肉は影響を受けています。また身体には感情が溜まりやすい部位があります。
このワークショップでは、筋肉と感情の関係性の理論、溜まった感情をリリースするボディーワークを学びます。






学ぶこと:

1)身体の各部位に籠りやすい感情のパターン
2)感情が体に反応を起こす原理
3)感情をリリースするボディーワーク(全身)




去年12月、今年7月、日本新宿で開催されたワークショップです。日本ではキャンセル待ちになりましたので、今回はオーストラリアでの開催ということになりました。

ボディーワークをされてる方でも、されてない方でも参加は可能です。理論が2時間弱、残りの時間で感情をリリースするボディーワークの実技になります。



講師紹介

ルイス由美






2005 年より、International Aromatherapy and Aromatic Medicine Association代表で'Essential Man Essential Woman-A Guide to Using Aromatherapy'の著者であるDavid Webb氏のクリニック、またオーストラリアプロフェッショナルフットボールであるNRLゴールドコーストタイタンズでマッサージセラピストをつとめ、オーストラリア州立職業専門学校の講師(当時)現在マッサージスクールズオブクイーンズランド講師でもあるBrendon Wong氏のクリニックで経験を積む。
  
その後、移動式マッサージ業で独立。顧客にムエタイ世界チャンピオンのネーソンカーネッジ氏、オーストラリア人気番組ホーム&アウェイ,ネイバーズのディレクター:マークパイパー氏など、地元に根づいた施術と口コミにより、地元ゴールドコーストから離れた地域の顧客も多数。

ゴールドコーストマラソン、スペシャルオリンピック、プレイボーイゴルフコンペティション等のイベントマッサージ、地元アートセンター、学校、エクスポ等におけるコーポレートマッサージも経験。また、それと平行して5つ星ホテルPalazzo Versaceでも経験を積む。    
     
現在、Body philosophy代表としてオーストラリアの国家資格であるリメディアルマッサージの知識と自分独自で確立した、心と体の声をきくマッサージ施術、同時に身体心理療法をとりいれ、体がなぜそのような状態になっているのかの気づきのある施術を行っている。

マッサージ、タッチングの人における大切さ、心と体のバランスの関係などの知識をシェアすべくオーストラリア現地のマッサージカレッジにて非常勤講師として勤務。個人としても講習活動を行う。


お問い合わせ・予約:YUMI 0433365740 u324@hotmail.co.jp
FUJII 0430153241 info@chooselohasaustralia.com まで

企画主催:Body Philosophy
企画協力:Choose LOHAS Australia
  


Posted by choose LOHAS Australia at 05:42Comments(0)セラピストWS(ワークショップ)

2015年08月20日

セラピストWS:人体解剖実習9月5日

Choose LOHAS Australiaセラピスト留学専門コンサルでは、セラピスト用のイベントを紹介しています。

待ちに待った人体解剖実習

自分の手技や要と思われる主要部分を見つめ直して解剖実習に挑みませんか。

9月5日ゴールドコーストのグリフィス大学で解剖実習を行います。

主催は「マッサージワークショップ」という会社です。

お申し込みは下記にお問い合わせください。よくわからない方はinfo@chooselohasaustralia.comにお問い合わせくださいね

定員は25名ですが僕の周りの治療家に声をかけて、シドニーやメルボルンからも参加するので半分以上は埋まっています。。多分・・・ので早い方がいいと思います。僕も行きます。

6月にも参加しました。その時の感想は「もっと勉強必要〜!」・・・面目無い・・・





目的を決めないと「観察」するだけになってしまうと思いました。日々のマッサージの手技がより人体構造に的確かどうか・・・見極めるチャンスだと思いました。

本と異なる部分多いです・・・前鋸筋(serratus anterior)は大きい!!ここマッサージしてますか?頭痛、肩こり、腰痛はここで撃退できますよ!!

小胸筋(Pec minor)も広がっている・・肩甲骨を支えている大切な筋肉です。

僧帽筋(trapezius)はうすーーーーーーーーーーーーい!!筋肉のパワーはどうやって得られるでしょう??薄いから・・・などなど


リメディアルセラピスト・柔道整復師・鍼灸・トレーナー治療家仲間と参加





Certificateも発行する。CPEもゲット。


行けば行くほど分かる・・また、分かるように勉強もしていきます。

WETlab anatomy: 5th Sept 2015
Location: Griffith Health Centre (G40) 10.08, Griffith University, Gold Coast campus
Date: Saturday 5th September 8-10am
Trainer/s: Jason Kronk
Cost: $129

下記のホームページから予約できます。

http://massageworkshops.com.au/wetlabanatomy



*Choose LOHAS Australiaからマッサージ学校へ通ってる現役生徒で人体解剖実習に参加する生徒は、一度ミーティングを行います。今一度、自分が考えている筋肉の起始・停止・走行を一緒に確認しましょう。また自分自身で確立し始めたマッサージの仕方を確認しなおしましょう。

*Ken yamamoto テクニックを学んだKYTオーストラリア組は人体解剖実習前に集まり勉強を考えています。世界最高の腰痛治療手技も精度が肝心!!!もう一度主要部分を見つめ直して解剖実習に挑もうと思います。。

*その他に解剖実習前に一緒に勉強をしたい。自分の手技を見つめ直したいという方はご一報ください。  


Posted by choose LOHAS Australia at 06:41Comments(0)セラピストWS(ワークショップ)

2015年08月19日

留学生の様子2015「入学前の予習・オイルマッサージの基本」

Choose LOHAS Australiaセラピスト留学専門コンサルは、本物のリメディアルセラピストになりたいひとのために留学をサポートします。

経験者と初心者・・・・共通点ってなんでしょう・・・

手当の気持ちから始める奇跡・・・・それがひとの肌に触れる基本だと思う。

心のこもっていないお料理は食べて虚しくなる。

伝えたいのは知識でも技術でも無い。。あくまでも気持ちです。

解剖学はもちろんのこと「入学前の予習としてオイルマッサージの基本」をCLA(Choose LOHAS Australia)セラピスト勉強会で行います。

Aさんは以前にMassage School of QueenslandにてCertificate 4を既に取得済み。Rさんは初めてのマッサージをします。

知識も技術も全く真反対。

経験者と初心者・・・・共通点ってなんでしょう・・・この二人が共存して学べるでしょうか・・?

学校なら無理でしょう。レベルが違いすぎます。

ですがCLAセラピスト勉強会では共存して学べます。CLAセラピスト勉強会が学校より優れているわけでは、ありません。役割が違うだけです。学校はカルキュラム通りに学ぶ場所。CLAセラピスト勉強会は、個人レベルに合わせて一緒に答えを見つけられる場所です。

マッサージをする楽しさ・・・経験が邪魔するから心の柔軟性を保つこと・・視野を広く持つこと・・・自分の流儀が全てとは思わ無いこと・・・全てがセラピストとしての心構え・・・そういったことを一緒に考えます。





どんなにレベルの差があったとしても上下関係は作らせません。卒業後、大きなコネクションにも繋がる可能性がありますから仲間を作らせます。個性は「力」です。「癖」は個性です。

これがセラピスト人生の土台です。

土台が軟弱ならば、大きな建物なら崩れます。小さいまま土台を作ると拡張がなかなかできません。「入学前の予習・オイルマッサージの基本」では形以上に心構えを説きます。

もちろん僕自身も自分を追い込み・・・悩み・・・仲間の助けを得て・・気がつけば、もう悩んでいないことが1年を通してサイクルのように起こっています。

ひとの肌に触れる基本・・・オイルマッサージの基本は心構えです。



留学生の様子2015「目標」 http://remedialtherapistkei.go-jin.com/e60237.html

留学生の様子2015「入学前の予習・解剖学」編:  http://remedialtherapistkei.go-jin.com/e60598.html  


2015年08月17日

留学生の様子2015「入学前の予習・解剖学」

Choose LOHAS Australiaセラピスト留学専門コンサルは、本物のリメディアルセラピストになりたいひとのために留学をサポートします。

スポーツでも一流は入念なウォームアップをします。

Choose LOHAS Australiaから各マッサージ学校へ通う生徒たちは、語学学校へ行っている期間「入学前の予習」をします。これがウォームアップに相当するものです。

ただ今回のRさんAさんは事情があり、理想であるマッサージ学校入学の1〜2ヶ月前に予習を始めることができませんでした。

例えば、語学学校へ行くお金が厳しかったり、ビザがギリギリまで降りなかったりすると当然「予習」をする期間は短くなります。

焦ったのは二人ではなく僕でした。

なぜかというと意気揚々と希望に満ちた新入生を迎えるのはこの、Functional Anatomy=機能解剖学の授業なのです。

Functional Anatomy=機能解剖学の授業はオーストラリア人でさえも頭を抱えます。専門学的な筋肉の名称は、英語以上にラテン語やギリシア語がずらりと並び、しかも約800(は全部覚えません汗)ある筋肉の基本を覚え、かつOrigin(起始)とInsertion(停止)、神経や走行、さらに臓器、骨格などシャレにならないほど学びます。




英語が理解できればいいというレベルではありません。覚えなきゃいけません。。いいリメディアルマッサージの学校はきちんと基礎から生徒に叩き込む。

ですが、いきなり3時間の講義・・・・そして1ヶ月続くこのFunctional Anatomy=機能解剖学は、正直やっかいです笑

なぜこんなコースに飛び込んでしまったのだろうと思う学生もいます。

しかし、ひとの身体を触るなら最低限、筋肉の名称、走行、Origin(起始)とInsertion(停止)を覚えなきゃ。国家資格のリメディアルセラピストの最低限の条件です。



学生時代、英語も苦手な学生が本当にこの授業で苦労した姿を見ました。入学してから覚えるより、事前に知っておいた方が授業が「楽」もしくはまだマシです。

テストのために覚えて忘れてしまうことになる方も多い。マッサージに活かせなくなるおそれも高くなります。

事前に知っておけば、さらに英語で他の情報を拾えると思います。最初につまずかないためにも大切だと思います。

学校でもまれて、、さらに僕からも突っ込まれて骨格筋に関する質問を常に受ける・・・

しかしAさんとRさん・・・・・・この二人の努力は本物です。  


2015年08月07日

留学生の様子2015「目標」

6月からゴールドコーストのマッサージ専門学校に通い始めたRさんとAさん。二人ともMassage School of Queenslandに入学しました。



Rさんは全くの初心者。留学のきっかけは、大手製薬会社で働くエリート社員だったが体調を崩し体のことを心から考えた答えがリメディアルマッサージだったそうです。人を自分の手で助けてあげたい・・・・・・・・その思いが強い。
そして彼女は膨大な人脈があるので、セラピストにまつわる事業をしたいとのこと。そのために少しでもレベルの高い学校を探していたのです。。



Aさんは数年前にMassage School Of Queensland でCertificate Ⅳを取得している。今回Diplomaに通い始めた理由は、さらに高いレベルに自分の身を置き、アメリカのバレエダンサーの施術をすることです。彼女は一見普通の女の子ですが、アスリート系の人脈が強く、多くの選手が彼女の成長を「待っている」とのこと。


人脈は宝です。過去の人脈を活かし事業につなげることはゼロからスタートするよりダントツに効果的に事業につながります。

今回の生徒の共通点は

1)目標を決めている

2)サポートしたい人がいる

という点です。


目標を決めるサポートしたいひとがいる・・・これがセラピストにとって最初から最後まで一番大事です。

いろいろなエージェントのお話を聞くと、「英語を話したいから語学学校に行く」より「⚪️⚪️⚪️⚪️をしたいから英語を学びたい」と思うひとの方が何十倍も早く覚え、そして失敗するひとが少ないそうです。

その話を聞いて確かに・・・・・・・と思いました。試合に出たいからトレーニングするのであって、トレーニングするために試合するのではないですよね。

Choose LOHAS Australiaでは各生徒とコミュニケーションを取り、カウンセリング。今後のセラピスト人生の「目標」を設定します。
目標を決めること、サポートする気持ちを学校へ入学する前に引き出します。

多くの場合、セメスター終了やテスト終了、卒業することを『目標』にしがちです。すると脳の仕組みとして『ゴール』手前は「苦しく」感じます。また、苦しながらも頑張って覚えたことを「忘れて」しまいます。

勿体ないですよね。苦しく頑張ったのに「忘れてしまう」って・・


そうさせないように、そのようにならないように、巣立てるように・・・留学生をサポートしたいです。


目標設定は大事です。一番大事。



  


Posted by choose LOHAS Australia at 05:51Comments(0)