2018年04月12日

5月29〜6月1日4日間 深化リメディアルセラピーの開業コース

深化リメディアルセラピーの開業コース残席1名。





5月29〜6月1日4日間
$2300( Taxこみ) オーストラリアの国家資格を持ったリメディアルセラピストはCPE申請可能

毎日10am-16pm
*授業の後は居残り復習も可能です(無料)。

成果を出せなければ生きていけない時代・・

それはオーストラリアも同じです。本場オーストラリアでは4万5000人のリメディアルセラピストが国家資格として存在し今もなお増え続けています。

深化リメディアルセラピーは、不利な現状から生み出されました。

身長2m近い、体重も100キロはザラ。女性も大きい。想像つかないかもしれませんが、ゴツいオーストラリアやニュージーランド人・・固すぎて弾かれて通じないトリガーポイントやディープティシュなどの手技。腱鞘炎や肩こりや腕の痛みが慢性化するセラピストも少なくありません。

その不利な現状から専門知識が知恵になり『技』になりました。

オーストラリアで国家資格を持ったリメディアルセラピストの立場というものは、非常に過酷かもしれません。「治し」と同時に「癒し」を求められる傾向にあります。いわば整骨院とリラクゼーションサロンの間です。どちらに比を置くかは会話でポイントを絞っていきます。

オーストラリア人は身長も体重も日本人とは比べものにならないほど大きい。当然、背中や肩のコリもすごく固い。指で押しても、肘で押さえても小柄なセラピストなら技が入らなかったり、弾かれてしまう。

時にはクライアント自身は触れられていることも感じない場合もあるでしょう。

体格差のせいで、専門学校で習うままのリメディアルセラピーの手技が効かないことも多々ある。そのような状況の中で僕のリメディアルセラピーは進化していきました。


エビデンスベースで培った技術的な「癒し」と「治し」の合わせ技を伝えます。

小柄なセラピストが体が大きく筋肉の硬いクライアントとの差を無効にするために開発。また、従来のリメディアルセラピーの手技を深化させ連動し、発動させる技やルーテインを創作。

経験は大切ですが、それ以上に確かなエビデンスと正確な技術が大事です。

正確な技術に必要なものは、経験では無く知識とちょっとしたコツと反復練習です。

リメディアルセラピーの豊富な手技を全て覚えろと言うのであれば、長い年月がかかりますが、エビデンスをもとに様々な症状例と臨床経験と施術結果をもとにシンプルにパワフルに設計した技術が深化リメディアルセラピーです。

Fujiiメソッド深化リメディアルセラピーメソッドは、1回のストロークでトリガーポイント、筋膜リリース、関節モビライゼーション、モビライゼーション、エナジーワーク、ディープティシュ、フェザータッチなど2-3種類の技が発動するようにデザインされており治療と癒しを同時に行うことができる画期的メソッド。


このような方に最適です。

*ハードワークなトリートメントをしているので将来が心配。
*サロン開いても新規に結びつかないセラピスト。
*顧客が顔見知り以外作れないセラピスト。
*エステシャンだが体の痛みを持った顧客のニーズを叶えたい
*すでに体がボロボロだがセラピストであり続けたい
* Myotherapistから確かな技術を習いたい
*日本でサロンしたい。
*オーストラリアの専門学校でも習わないリメディアルセラピーの技術を身につけたい。
*人によってまちまちのトリートメント結果を向上させ安定させたい。
*トリガーポイントに効果が感じられない。
*筋膜リリースをしているはずなのに「痛い」が増してしまった。
*「痛い」そのものが緩和しない。


他のサロンとの大きな差別化を100%出せ、技術・理論を中心に女性セラピストでも楽に使える目から鱗のコースです。



1日目
午前:『深化リメディアル・アライメント法』
主な内容:
クライアントを読む
痛みの法則
アセスメントの仕方
自覚症状のないクライアントの見分け方


午後;『感情リリースデコルテ』
主な内容:
怒りの感情の経路を辿りリリースしていくデコルテテクニック


2日目
終日:『深化モビライゼーション(ジョイント膜リリース) Level 1』
主な内容:
モビライゼーションは皮膚や筋肉、関節を動かし、心と体を緊張から解放させ活性化させる感動の技術。




3日目
午前:『深化アドバンストリガーポイントLevel 1 』
主な内容:
筋肉に存在するトリガーポイント(筋膜の歪み)を触れずして取り除く技術。ふくらはぎや、脊柱起立筋など難易度の高い固い筋肉があっという間にほぐれます


午後:『深化ディープティシュ(トリプルディープティシュ)』
主な内容:
筋膜リリース、関節ストレッッチ、トリガーポイント、ディープティシュなどを合わせた技。一回のストロークで2〜3種類のリメディアルの技を発動させ相乗効果を高めた技術。

4日目
午前:『深化リメディアルセラピーエキササイズ』
主な内容:
肩こりや腰痛改善のためのセルフエキササイズ。開脚や前屈、後屈が瞬く間にできるようになり身体の柔軟性が変わっていきます。

午後;おさらい


講師;
藤井慶輔
オーストラリア在住30年。セラピスト歴5年目。Myotherapist(リメディアルマッサージの上級資格)、リメディアルセラピストとアロマセラピスト,パーソナルトレーナーの国家資格を持ち、’癒やし’と治し’’を融合させた「Fujiiメソッド深化リメディアルセラピー」を開発。

オーストラリアでリメディアルマッサージやアロマセラピー留学ができる『セラピスト留学専門エージェント』を運営、学び損じの多いセラピスト留学の充実したサポートを展開している。

世界を股にかける治療家(腰痛研究家)Ken Yamamoto先生のKYTオーストラリアセミナーの主催や『Fujiiメソッド深化リメディアルセラピー」、「家庭のためのアロマセラピー講座〜あろまでLOHAS〜」や「家庭のリメディアルセラピー講座」を開催中。

また、Gold Coastのゴールドワンゴルフスクールにてメイントレーナーとして新しいゴルフ理論の発展に関わっている。

リメディアルアロママッサージのワークショップをオーストラリアと日本で開催し、地域貢献できる本物のセラピスト育成を目指す。

治療家として顧客は幅広く小さな子供から、90代のご年配まで多彩。プロゴルファーやプロラグビー選手、プロサッカー選手、日本の芸能人、マラソン選手、美容師、シェフ、作家 、柔道オーストラリア代表選手など体のケアが必要な職業から多大な信頼を得ている。

フットサル元オーストラリア代表

好きな言葉は『師有自然』
趣味は腰痛観察、料理、化石集め、カメラを持っての散策、サッカー、フットサル(元オーストラリア代表)、星空鑑賞。世界遺産めぐり、解剖学、動物に会いにいくこと、本を書くこと。

国家資格
Advance Diploma of Myotherapy (Remedial Massage)
Diploma of Remedial Massage
Dry needling’
Certificate 4 Massage therapy & practice
Certificate 4 Aromatherapy
Certificate4 Training & Assessment
Certificate3 Guiding
Fast Aid
Blue Card
Ecotourism Australia Certified EcoGuide Assessor
Ecotourism Australia Certified EcoGuide
National Guides of Australia Certified Guide



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
同じカテゴリー(深化リメディアルセラピー)の記事画像
セラピスト貧乏・セミナー貧乏
〜お金は精神力の現れ〜
何のためにセラピストになりたい?
出会いというパワースポット
7月28〜8月2日深化リメディアルセラピー5日間集中講座
増席!深化リメディアルセミナー東京&神戸・芦屋2017
同じカテゴリー(深化リメディアルセラピー)の記事
 セラピスト貧乏・セミナー貧乏 (2017-09-29 07:42)
 〜お金は精神力の現れ〜 (2017-09-28 08:20)
 何のためにセラピストになりたい? (2017-09-28 06:50)
 出会いというパワースポット (2017-07-19 04:57)
 7月28〜8月2日深化リメディアルセラピー5日間集中講座 (2017-06-26 12:28)
 増席!深化リメディアルセミナー東京&神戸・芦屋2017 (2017-04-07 04:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
5月29〜6月1日4日間 深化リメディアルセラピーの開業コース
    コメント(0)